ファイトケミカル辞典

2018年6月9日

ファイトケミカルと癌

ファイトケミカルは、いい効果が期待できることは既にお話しして来ましたが、ファイトケミカルは更にみなさんが想像している以上の効果が期待できるともいわれています。

まだまだ、ファイトケミカルの研究も現在進行形であり、今後、いろいろなファイトケミカルの効果も解明されるのではないでしょうか。


【 出典元:帝塚山ハウンドカム 】

【ファイトケミカルががんに効果的?】

まだまだ、みなさんがファイトケミカルに期待している理由があります。ビタミンA、C、E以上の強力な抗酸化作用を持ち、即効性も期待することができるファイトケミカルですが、がん予防にも期待できるという話しですし、ガンの抑制にも効果もあるということです。

ますます、ファイトケミカルに対しての注目度もアップしていくことでしょう。ガンに期待できるだろうファイトケミカルは、ポリフェノール、カロテノイド、イオウ化合物、テルペン類、β-グルカンなどです。

■ポリフェノール

ポリフェノールは活性酸素と結びついて、自ら酸化することで活性酸素から体を守ってくれます。まさに、その抗酸化力はビタミンといったものよりも強いパワーを持っています。

水溶性、脂溶性、両方で働き、即効性があるといわれています。

■カロテノイド

そして、カロテノイドに注目すれば、私達はガンを寄せ付けない身体になることができるかもしれません。カロテノイドは、緑黄色野菜や海草などに含まれる赤、黄、橙色などの色素成分のことです。

ここにも、強いパワーのある抗酸化作用を期待することができるようです。人参、カボチャに多いα-カロテンに結構期待値が大きいみたいです。

トマトや柿などの赤色色素のリコピンに対してもいま注目度がアップしています。

■イオウ化合物

そして、みなさんがガンのために注目したいモノは、イオウ化合物です。タマネギやニンニクの香り成分、大根、わさび、からし菜などアブラナ科野菜の辛味成分が、発がん物質を無毒化してくれるらしいです。

ニンニクに含まれるアリシンや、80℃以下で加熱されたアホエンもかなり期待値が大きいようです。

■テルペン類

そして、しっかりテルペン類にも向きあってください。テルペン類は、ハーブや柑橘類の香り成分です。

ローズマリーなどに含まれるジテルペンはがん細胞の発育を抑える働きが期待できるということです。

さらに、柑橘類の香り成分は発がん物質の生成を阻止するらしいです。

■β-グルカン

β-グルカン は、きのこ類に含まれる不消化性多糖類の一種であり、免疫力を高め、抗がん作用を期待することができると言います。

もう既にしいたけは、抗がん剤の原料としても使用されている事実があります。

いかがでしょうか。実際にファイトケミカルと向きあえば、本当にガンを寄せ付けない強い身体を作ることができるかもしれません。

一度に、ファイトケミカルをたくさん摂取してもすぐに効果は期待できないかもしれませんので、日々ファイトケミカルと向きあうのが正しい方法です。