ファイトケミカル辞典

2018年6月9日

ファイトケミカルとは

みなさんはファイトケミカルという言葉を聞いたことはないでしょうか。名前だけは知っているものの、それがどのような意味なのかわからないという人たちもいます。

わからない人たちたちのためファイトケミカルについて、ここで解説をしましょう。


【 出典元:Mellow Breath 】

【ファイトケミカルとは】

ファイトケミカルとは、野菜や、果物、豆類、さらに芋類や、海藻、お茶やハーブなどの、植物性食品の色素・香り、アクなどの成分から、発見された化学物質のことです。

ファイトケミカルの開発によって、抗酸化力、免疫力アップさせることができ、そして健康維持や改善に大いに役立つのではないかと期待され、いま研究が進んでいます。

いま、みなさんもファイトケミカルに向きあうことで、かなり得することがあるのではないでしょうか。

そもそも、ファイトケミカルという言葉は、元気が出る化学物質と理解している人たちが多いようですが、そうではなく、「Fight chemical」ということで名付けられた訳ではなく、「Phyto chemical」です。

「Phyto chemical」は、ギリシャ語で「植物」という意味です。

しかし、みなさんが、「Fight chemical」というとらえ方をしても、大きな間違いということではありません。

まさにファイトケミカルは、戦う化学物質というとらえ方にマッチしています。

【第7の栄養素】

1.糖質、2.たんぱく質、3.脂質、4.ビタミン、5.ミネラル(無機質)というのは、人間が生命をキープするために、大事な栄養です。

1.糖質、2.たんぱく質、3.脂質、4.ビタミン、5.ミネラル(無機質)は、 5大栄養素とも言われ、多くの人たちが知っていることです。

しかし、最近では、 第6の栄養素という言い方をするケースもあり、第6の栄養素とは、食物繊維のことをいい、私達が生きていくうえで、食物繊維もとても大事な役割を持っています。

そして、さらに言えば、最近、「第7の栄養素」と言われることもありません。「第7の栄養素」とは、このファイトケミカルのことをいい、いかにファイトケミカルが現在注目されているかということもうかがい知ることができます。

野菜や果物に含まれるファイトケミカルの役割は、育っていく過程において、太陽の紫外線によって起こる酸化や虫から身を守る自己防衛のシステムと考えることができます。

色、香り、苦味、灰汁と言ったものは、野菜にとってそのような役割の意味合いを持っています。

ファイトケミカルは、かつ強い抗酸化力・抗菌作用を期待することができ、人間に大きな役割を及ぼし、体内に入ると体の免疫機能を整え、活性酸素をやっつけてしまい、アンチエイジング、ガンなどの予防に役立てることができます。

【ファイトケミカルの摂取】

ファイトケミカルは一回の食事で、一度に多く摂取するのではなくて、日々、日常生活においてコツコツ摂取するのがいいでしょう。

そのような方法によってよりファイトケミカルの大きな効果を期待することができます。そのとき、食材の「色」にも注目してください。

注目のポイントは、「赤」・「橙」、「黄」、「緑」、「紫」、「黒」、「白」の7色です。

これをおさえることができれば、自然に、バランスよく摂取することができると言われています。

【どのような野菜に注目すればいいか】

「赤」・「橙」、「黄」、「緑」、「紫」、「黒」、「白」の7色に注目するということは、ズバリ、どのような野菜などに注目しなければならないかといえば、「赤」はトマト、スイカなどであり、リコピンが強い抗酸化作用で、身体やお肌の酸化を予防してくれます。

「橙(オレンジ)」は ニンジン、カボチャなどであり、プロビタミンA成分がしっかりガン予防に役だってくれるということです。

「黄」はトウモロコシ、ゴールドキウイで、ルテイン成分はガン予防に効果的です。

「紫」はナス、ブルーベリーなどでアントシアニンが視力低下にいい効果を発揮します。

「緑」はほうれん草、オクラと言った野菜です、クロロフィルには、消臭・殺菌効果を期待することができます。
「黒」は、ゴボウ、ジャガイモで、クロロゲン酸が血糖値上昇の抑制をしてくれます。

そして、最後、「白」はニンニク、ネギなどで、硫化アリルによって抗菌効果を期待することができます。

いかがでしょうか。ファイトケミカルというものの、特別ということではなく、みなさんは既に知らないうちにファイトケミカルと接しているとも言っていいでしょう。

ファイトケミカルという考え方は、今後もっとクローズアップされることでしょう。ただし、現状、ファイトケミカルの研究は、現在進行形ともいうことができます。

まだまだ、研究途上で、解明出来ていないことも多々あります。 上限量などわかっていないものも多くあるから、取り敢えず、まんべんなくファイトケミカルを摂取するのがいいという言われ方もしています。

しかし、やってみてみなさんもストレスなく続けられる方法ではないでしょうか。ファイトケミカルの考えが、間違いなくみなさんを健康にしてくれることでしょう。人間は植物などともっと密に接していくべきではないでしょうか。



ブロリコ